【ローカル開発環境】VirtualBoxでCentOS7を利用する方法

プログラミング
スポンサーリンク

はじめに

前提として、下記ソフトをインストールしておいてください

各種インストール方法については、本ブログで紹介しています。

・Virtual Box

・Vagrant

作業フォルダを作る

作業フォルダを作る

はじめに、自分がアクセスしやすい場所に、作業フォルダを作りましょう。

vagrantフォルダを作る

次に、CentOSの設定や、後に紹介する、Vagrantfileと呼ばれる設定ファイルを格納しておくために「vagrant」というフォルダを作成します。

コマンドラインからVagrantFileをつくる

vagrantフォルダへ移動

コマンドラインツール(コマンドプロンプト、MINGW等)で、先ほど作成したvagrantフォルダへ移動します。

VagrantFileをつくる

CentOS7を利用可能にするためのVagrantFileを作成します。

$ vagrant init bento/centos-7

今回は、CentOS7.6をインストールしようとしていますが、下記URLより、最新版を確認できます。

なお、このbento centosというのは、Vagrantが公式でリリースしている、信頼のあるboxファイルです。

https://app.vagrantup.com/bento/boxes/centos-7

これで、vagrantフォルダの中に、VagrantFileが作成されます。

CentOS7を起動する

下記コマンドで、CentOS7を起動します。

$ vagrant up

CentOS7にログインする

下記コマンドでCentOS7にログインします。

$ vagrant ssh

以上です。

タイトルとURLをコピーしました