【2020年版】XAMPPのインストール方法

プログラミング

PHPの学習やweb開発などで利用するXAMPP(ザンプ)のインストール方法を紹介します。

XAMPPは、インストールするだけPHPが実行可能なローカルの開発環境をとの得てくれるので、とても便利です。

※なお、ここで紹介するのはWindow10でのインストール方法です。

インストーラーのダウンロード

まずは、ソフトをインストールするためのインストーラーをパソコンにダウンロードするために、公式サイトを開きましょう。

下のように「XAMMP」でググるとトップに出てきます。

下記URLからも、公式ページへアクセスできます。

XAMPP Installers and Downloads for Apache Friends
XAMPP is an easy to install Apache distribution containing MariaDB, PHP and Perl.

下図のページが表示されるので、「Windows向けのXAMPP」のボタンをクリックします。

ボタンをクリックすると、自動でインストーラーがダウンロードされます。

ダウンロードした実行ファイルをダブルクリックして、インストール設定を始めます。

(おそらく、ダウンロードフォルダに保存されているはずです。)

インストール設定を行う

インストーラーをダブルクリックしたら、セットアップ画面が表示されるはずですが、以下のような警告ページが表示される場合があります。

これは、UAC(ユーザーアカウント制御)が機能しているため、XAMPPの機能に制限が出る可能があること、「C:\ProgramFiles」フォルダにはインストールしないでほしいことを警告しています。  

以下の方法では、その問題のフォルダにインストールしないので、「OK」をクリックして先に進めます。

「Setup」(インストール設定)画面が下図のように起動します。
「Next」をクリックします。

ここではインストールする機能たちを選択できます。
とくにチェックを外したりする必要はありません。
「Next」をクリックします。

インストール先を設定できます。
特に設定を変更する必要はありません。
「Next」をクリックして次へ進みます。

次に、このXAMPPを提供している組織のおすすめのアプリをインストールするか聞かれます。
必要のない場合は(必要ない場合がほとんどだと思いますが…)、チェックを外します。
私は外して進めます。

セットアップは以上です。
「Next」をクリックして、インストールを開始します。

インストール中です。しばらくお待ちください。

インストールが終わりました。
「Finish」をクリックした後に自動で、XAMPPを起動するか聞かれます。
チェックをつけてもつけなくても問題ありません。
※自分は、わざわざダブルクリックして起動するのが面倒なのでチェックをつけました。

「Finish」をクリックしてインストールを完了します。

初期設定

はじめてXAMPPを起動すると、どの言語を利用するか選択できます。

英語とドイツ語を選べるようです。
どちらかというと英語のほうがなじみがあるので、英語を選択します。
※自分が理解しやすいほうの言語を選んでください。

「Save」をクリックして起動します。

起動しました。

これは経験上のはなしなのですが、XAMPPを利用前に一度、PCを再起動したほうがいいです。
再起動しなくても動きますが、私は、いちどPCを再起動します。

以上です。おつかれさまでした。

さいごに

ちょっとMySQLでSQLを試したいときとか、Webアプリの開発をしたいときとかにとても便利なので、XAMPPは私もよく使います。

タイトルとURLをコピーしました