WinSCPでロリポップにFTP接続する方法

スポンサーリンク
WinSCP
スポンサーリンク

こんにちは。とらんぽです。

WordPressでブログを運営するなら、バックアップは必須ですよね。
そして、バックアップなら、ファイルをサーバーからお持ちのPCに転送してくれるFTPソフトが必要です。

こんかいは、FTP転送ツールで有名なWinSCPのインストールから、ロリポップサーバーにFTP接続するまでをご紹介します。

スポンサーリンク

WinSCPをインストールする

WinSCPは以下のURLからダウンロードできます。
毎度おなじみ窓の杜さんです。

窓の杜
「WinSCP」SCP/SFTP/FTPS対応のFTPクライアント

上段、WinSCPとのみ書かれている段の「窓の杜からダウンロード」 ボタンをクリックします。
クリックすると、別ページに遷移し、自動的にダウンロードが始まるはずです。

ダウンロードしたインストーラー(exeファイル)を起動し、インストール設定をおこないます。
インストーラーを起動すると以下の画面が表示されます。

「承諾」をクリックします。

何も変更せず、画像の状態で「次へ」をクリックします。

「インストール」をクリックして、インストールを開始します。

インストールが始まるので、完了するまでしばらく待ちます。

「完了」をクリックします。

インストールが完了すると、自動でWinSCPが起動します。
これで、インストール完了です。

ロリポップの接続情報を確認する

接続先となる、ロリポップサーバーの情報を確認しましょう。

まずは、ロリポップの「ユーザー専用ページ」にアクセスし、ログインします。

ログインしたら、左側のメニューから、「ユーザー設定>アカウント情報」をクリックします。

アカウント情報ぺージに遷移したら、下にスクロールすると「サーバー情報」の欄があるはずです。ここの情報を今回は利用します。

接続する

それでは、WinSCPに画面をもどします。
転送プロトコルを「FTP」に変更後、先ほど用意したロリポップのアカウント情報ページを見ながら、下図のように項目を埋めていきます。

FTPサーバー → ホスト名へ
FTP・WebDAVアカウント → ユーザー名へ
FTP・WebDAVパスワード → パスワードへ
 ※「表示」とボタンをクリックするとパスワードが表示されます。

項目を埋めた後「ログイン」ボタンをクリックすると接続されます。

なお、一度接続を切ってしまうと、次に接続するときにすべての情報をもう一度入力しなくてはいけないので面倒です。ここで、「保存」ボタンをクリックして、設定を保存しておくことをお勧めします。

最後に

仕事で使ってるけど、まさかプライベートでもこのツールを使うようになるとは…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました