【レビュー】PS4Pro HDR描画対応! LG 4Kモニター32UL750-Wを買った!

スポンサーリンク
買い物レビュー
スポンサーリンク

こんにちは。とらんぽです。

私事ですが、とうとう発売されてしまいました。デスストランディング。
僕としては、小島監督が望むコンディションでプレイしたい!ということで、4KでHDR対応、すこし大きめのディスプレイを探していたところ、こちらの商品が見つかりましたので、熟考の末、購入しました。
買っちゃったー。買っちゃいましたー。さんざんPS4Proで遊びまくったところでレビューさせていただきたいと思います。
なお、モニタや電子機器にはそれほど知識がないため、使用レビュー程度に考えてくださると幸いです。

スポンサーリンク

おおきい

画像が、PS4Proでデスストランディングをプレイしている際の写真です。机は無印良品のパイン材でてきた机です。このように、机いっぱいいっぱいの大きさですので、プレイする際には、20何インチのチマいモニタでは体験できないようなすさまじい没入感を与えてくれます。

映像がきれい

そして、4K。なにより4K。くっきり見えます。いままで使っていたacerの23インチモニタと比較してみましょう。

↓LGの32UL750-W

↓acerの23インチ

つたわりますでしょうか。もうすこし近づいた写真にしてみます。

↓LGの32UL750-W

↓acerの23インチ

やはり、金属の材質感や服のしわなどが、くっきり映っています。
実際に目で見ると、もう、4K以外のモニタには戻れない感じです。

とってもHDR

32UL750-Wは、DisplayHDR 600だそうです。うーんわからん。
詳しいことは、僕もわかりませんので、ほかのサイト等を確認していただきたいのですが、HDRというのは、色をくっきり映してくれる機能。「景色が光で白く飛んでしまう場合でも、HDRならくっきり映しますよ。」ということだそうです。

「 DisplayHDR」はHDRで描画できるモニタの表示規格で、その中でも600というのは、ミドルクラスに相当するんだそうです。うーんわからん。
DisplayHDR 600 の上には DisplayHDR 1000 があるそうです。

DisplayHDR 600でも、しっかりHDR描画してくれるとのことですので、迷わず買いました。

プレイしているゲームの設定にHDRを有効にするか、無効にするかという設定があったので、比較に乗せたいと思います。HDRができるディスプレイだからできる比較ですね。

↓HDRあり「

↓HDRなし

やはり、HDRありのほうが、景色の奥まで黒でつぶれることなくくっきり映っているような気がします。ような。。。

「あんまり気にしないぞっ」という方は、HDRがないモニタでもいいかもしれませんね。

操作しやすい

画面の設定等の操作は、ディスプレイ中央の下にジョイスティックがあるので、これで操作します。

設定のUIも直観的でわかりやすく、迷うことはないでしょう。

端子切り替えもしやすい

何より便利なのは、端子切り替えです。

まず、映像端子は下図のとおり、「HDMI×2」「USB-C×1」「DisplayPort×1」「USB×2」あります。

これらの切り替えが、ジョイスティックだけでできるようです。

もう、わざわざ、PS4からPCの画面に変えるために、モニタの裏側を除いて、HDMIを抜き差しする必要が無くなるなんて、感動です。

組み立て簡単

組み立てには、わかりやすい説明書もついており、簡単です。

ただ、モニタが重たいですので、慎重に。消して安い買い物ではないと思いますので、組み立てでダメにしないよう、慎重にやりましょう。

電源アダプターがお弁当箱

余談ですが、電源アダプターがめっちゃでかいです。お弁当箱です。

さいごに

買ってよかったーーーーーーーーーーーー!ローンして、破産寸前だけどよかったーーー!
きれいな画質でゲームできる!何のために仕事してるって、こういう趣味のためにしてるんだから、もったいなくない!(自分に言い聞かせる)
べつに、ドット抜け等もなく、とてもきれいな画質でゲームできることの幸せをかみしめています!このモニタはPS4Proとの相性抜群だとおもいます!良いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました