【初心者PHP基礎】クラスをつかってみよう

スポンサーリンク
PHP

オブジェクト指向言語では、絶対に出てくるクラスの使い方を一緒に見ていきます。

クラスの作り方

プロパティ・・・クラスが持っているデータです。
コンストラクタ・・・インスタンス生成時に行ってほしい処理を記述します。
メソッド・・・クラスが持っている振る舞いです。

クラスを登録してみよう

今回は、ユーザーの名前を登録して、必要な時にはメソッドをつかってその名前を引き出せるクラスを作ってみます。

クラスを宣言

class User {
    
}

クラス名の最初は必ず大文字にします。

プロパティを追加

今回このUserクラスには、名前を保持しておいてほしいので、名前を保持するプロパティを追加します。

class User {
    $name = ""; // 空文字で初期化
}

コンストラクタを設定

インスタンスの生成と同時に処理されてほしいことを書けるのが、コンストラクタ。

今回は、インスタンスの生成と同時に、名前をプロパティに登録させます。

class User {
    // プロパティ
    $name = ""; // 空文字で初期化

    // コンストラクタ
    public function __construct($name){
        $this->name = $name;
    }
}

コンストラクタは、必ず「__constract」という名前にします。

自身のプロパティや、メソッドにアクセスするときには、「このクラスの」という意味の「$this」を使います。

アロー演算子「->」をつかって、プロパティやメソッドを呼び出すことができます。

メソッドを追加してみよう

このクラスの挙動を書くことができる、メソッド。

今回は、「名前を返す。」という挙動(ふるまい)をしてもらいましょう。

class User {
    // プロパティ
    $name = ""; // 空文字で初期化

    // コンストラクタ
    public function __construct($name){
        $this->name = $name;
    }

    // メソッド
    public function getName(){
        return $this->name;
    }
}

まぁ、関数ですね。

アクセス修飾子で、アクセスできる範囲を設定している以外は、関数です。

この例では、publicですので、インスタンスから呼び出し可能です。

クラスをつかってみよう

クラスを使うには、変数を用意し、その変数に「new」演算子を使って生成したインスタンスを代入します。

そのインスタンスから、メソッド(ふるまい)を呼び出すことで、使うことができます。

class User {
    // プロパティ
    $name = ""; // 空文字で初期化

    // コンストラクタ
    public function __construct($name){
        $this->name = $name;
    }

    // メソッド
    public function getName(){
        return $this->name;
    }
}

$Michael = new User("マイケル");

echo $Michael->getName(); // マイケル

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました