CentOS7にPHP7をインストールする

Windwos版
スポンサーリンク

準備

本記事では、前提として、Vagrant+virtualboxを利用した仮想環境上で実施します。

仮想環境にssh接続します。

vagrant ssh

以下の作業はすべて管理者権限で行います。

sudo su

php5.4系のアンインストール

php5.4系 がすでにインストールされている場合は、うまくphp7がインストールできないので、削除しておきます。

php5.4系のインストール確認

yum list installed | grep php

この検索で、何かの項目が出てきた場合は下記コマンドで、アンインストールします。

um remove php*

remiリポジトリの設定

remiプロジェクトはデフォルトが5.4のcentos7で最新のPHPを使えるようにすることを
目標としたプロジェクトです。
これを利用して、php7をインストールします。

remiリポジトリを利用可能にする

下記コマンドを実行します。

yum -y install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

処理の終了には時間がかかります。

下図のようになっていれば、OKです。

各種確認(必須ではない)

remiリポジトリで、php7.2系の導入に利用するリポジトリはremi-php72リポジトリです。

remi-php72リポジトリは、後で追加したもののため、安全性の面から、デフォルトでは有効になっていません。それほど、頻繁に使うものでもないため、あるオプションを利用した時だけ有効にします。

それは、yumコマンドのオプションである「–enablerepo=remi,remi-php72」です。

インストールする対象が存在しているか確認しましょう。

下記コマンドで追加されたリポジトリの内容を確認できます。

yum info --enablerepo=remi,remi-php72 php

下記コマンドで、インストール可能なパッケージであることを確認できます。

yum search --enablerepo=remi,remi-php72 php

下記サイトを参考にしました。

CentOS 7のApache環境にPHP7.2をインストールして基本的な設定を行う
こんにちは、ITエンジニアの小村(@system_kom)です。 以前の記事でCentOSにApache httpdのインストールとSSLを設定する手順を紹介しました。 今回はその続きとして、記事内で

PHP7.2をインストール

下記コマンドを実行して、PHP7.2とその他必要なパッケージをインストールします。

yum -y install --enablerepo=remi,remi-php72 php php-mbstring php-xml php-xmlrpc php-gd php-pdo php-pecl-mcrypt php-mysqlnd php-pecl-mysql

下記画像のようになっていれば、インストール完了です。

タイトルとURLをコピーしました